賃貸で失敗しない為に

賃貸物件の壁のシミや傷には要注意

賃貸物件を内見するときには、壁や床のシミや傷を発見することもあるものです。誰が見ても気にならない程度の、ほんのわずかなものなら、そのまま気にせずに放っておいても問題はないのかもしれません。ですが、はなから目を逸らすのではなく、そのシミや傷についてどうするのかを担当者に尋ねてみましょう。そして、その対応に注目しましょう。

パッと見て気になる程度のシミや傷があるのに、何もせずに済ませようとする賃貸仲介業者であれば、管理体制が誠実でない可能性もあります。ひいては、大家さんも誠実な人ではないかもしれません。それでもそこで住みたいと思えるのかを、内見した際に具体的にイメージしてみることは重要なことです。細かなこととおっくうがらずに、注意しましょう。

あと、内見の際にビー玉や小さなボールなどを持っていくと面白いです。内見したときに、室内ビー玉や小さなボールを置いて、勝手に転がらないかをチェックするのです。転がったら、傾きがあるということです。賃貸物件では建物の傾きや地盤の強さなどにあまり注意しない人も多いかとは思いますが、傾きを確認して用心しておくに越したことはありません。確認できることは遠慮せずに確認しておくという姿勢が大切です。

Copyright (C)2019賃貸で失敗しない為に.All rights reserved.