賃貸で失敗しない為に

賃貸物件に住み始めて生活を行っていますが。

賃貸物件を借り、一人暮らしを行うと、関わりたくなくても色々な人と関わることになります。その中で、ああ、自分はまともな環境で生きてきたのだな、と感じます。一般的な家庭というのは、ある程度子どもに自由が与えられます。子どもの頃に不良になり、学校からつまみ出される寸前まで行った人や、悪さをしてトラブルを起こした人の方が、大人になってからしっかりし、ある程度節度を守って仕事を行っていく場合が多いです。とある二つの大家族を比較して思ったのが、親がしっかりした企業に勤めている家庭は、子どもが自由な環境でやんちゃに生活していく場合が多く、その方が頭が自由に動くのは確実だろうな、と感じます。

私が実家にいた頃は、フリーターとして生きていく人がたくさんいましたし、そういう人たちも、社会に迷惑をかけていなければ、普通に暮らしていける、治安の良い地域でした。少なくとも、他人がそのことに対して茶々をいれ、精神的に苦痛を与えてくる、ということはありませんでした。ある意味、平和な地域だったように思います。そもそも、フリーターはフリーターでも、一般的な常識が身についている人が多く、しかも将来的に両親の面倒を見ることが確実であり、それで時間の都合がつきやすいフリーターという仕事を敢えて選んでいる人もいます。

Copyright (C)2019賃貸で失敗しない為に.All rights reserved.