賃貸で失敗しない為に

賃貸物件に住んで思うこと。

ニートを家から追い出すために、賃貸物件をひと部屋借りて暮らさせる、という選択を行う親御さんも増えているようです。学生が自活を行うのと違い、ニートは基本的に何もしません。そのため、柄が悪い人が多く、タチの悪いこともよく行っています。親御さんの苦労、そしてやり方も分からなくはありませんが、そのような人たちには働くように持っていくのが親の務めだと私は思います。他人に迷惑をかけていいものではありません。何だか最近、該当する人が近くに住んでいるような気がして、精神的に疲労しきっています。めちゃくちゃしつこいので、この考えが当たっているように思います。

女性であれば結婚を行う、ということでこの状況を挽回できるかもしれませんが、男性であればもちろん働く必要があります。私も、無職になり、危ない状態まで引き込まれそうになりましたが、厳しい家庭で生まれ育ったことが功を奏し、まともな判断力が身についていたおかげで、どうにか生計を維持することができそうです。我が家は厳しかったですし、殴ったり殴られたりの喧嘩もしてきたし、結構壮絶な環境で育ってきましたが、ぬくぬくと育てられて判断能力が身につかない状態よりはよかったな、と実感しました。

Copyright (C)2019賃貸で失敗しない為に.All rights reserved.