賃貸で失敗しない為に

賃貸住宅での修理費用の負担について」

賃貸住宅が損傷し、修繕が必要となった場合、家主と借家人のどちらが負担をするのでしょうか。家主は借家人が建物に居住し使用収益する事ができる状態にする義務があります。通常使用で生じた自然消耗、劣化、時間の経過による、たとえば電気や水道が故障した、雨漏りがする、、という場合は家主が修繕負担をします。しかし借家人の通常使用に支障がなければ破損があっても必ずしも修繕義務があるわけでなく、建物が滅失するなど修繕不能となった場合、修繕費が賃料に比較して多額である場合も修繕義務はありません。

一方借家人は建物を大切に素要する義務を負っているため、これに違反して借家人やその家族の過失や故意などにより生じた損傷は、借家人の負担となります。ほかにも契約の際「借家人が修繕費用を負担する」と定めることがあります。信義則に反しない限り、このような特約も有効とされています。しかし契約で修繕な範囲が示されていないケースもあります。こうした場合は借家人は:予測可能な小規模な修繕の実負担すればよいと解されていて、それ以上の大掛かりな修繕には原則としてこうした特約は適用されないようです。

なお、借家人の故意による損傷で家主との信頼関係を損なうほどのものであれば賃貸契約の解除ということもあり得ます。

Copyright (C)2019賃貸で失敗しない為に.All rights reserved.