賃貸で失敗しない為に

掃除と介護の負担を減らせるバリアフリーの賃貸

高齢者の介護とは様々な負担が圧し掛かるものであり、その負担を少しでも減らす為にも賃貸選びは慎重にやらないといけません。住宅内で車椅子での移動もしやすいバリアフリー物件を選ぶのは当然ですし、ただバリアフリーなだけではなく、掃除が楽な物件を選んでおきたいです。今までは住宅内の掃除を面倒ではないと思っていた方も、介護の負担が増えるだけで掃除すら苦痛に感じてしまいかねません。その掃除の手間を減らしつつ、バリアフリーで車椅子での移動も楽であったり、高齢者が転倒するのを防げる物件を選びましょう。掃除が楽になるバリアフリー物件というのは、床板に隙間を作っていない物件を指します。

床板の隙間とは食べ物の残りカスや抜け毛など、様々な汚れが入り込んでしまうものです。その汚れはモップなどで掃除していても取り難いもので、フローリングの床で掃除機をかけた後に、改めてモップで拭く作業が必要になってきます。しかし床板の隙間を作らない様に設計しているバリアフリー物件は、何処までもフラットな作りになっている為に、汚れを溜める隙間を作らないのです。その御陰で部屋をモップで拭いて回っているだけでも、十分に汚れをモップに付着させる事が出来て、掃除の負担も軽減していく事が出来ます。

おすすめ情報

Copyright (C)2019賃貸で失敗しない為に.All rights reserved.