賃貸で失敗しない為に

賃貸は子供の成長などに柔軟に対応できます

私は現在、賃貸の物件に主人と2歳の息子と一緒に住んでいます。2LDKで和室と洋室があり、ベランダには倉庫が付いています。和室は寝室兼子供部屋、洋室は主人の部屋になっています。収納が非常に多いので、たくさんの洋服や子供のおもちゃを難なく収納することができます。

現在はとても快適に生活しています。しかし、実は物件選びの際はとても迷いました。来年には2人目が生まれるので、子供たちが大きくなったら2LDKでは手狭になるのではないか、子供部屋を欲しがったときにどうしようかと、かなり悩みました。主人と話し合った結果、次のような結論に至りました。「部屋が広いとその分家賃も高くなる。賃貸であれば住み替えがしやすいから、子供の成長に合わせて住み替えてよう。子供が独立したあとも、夫婦二人で住みやすい物件を選ぼう」賃貸は子供の成長や生活環境の変化に柔軟に対応できるため、そのような結論に至り、今の物件に決定しました。

子供たちが成長し、部屋を欲しがったときは、住み替えをしようと思います。住み慣れた部屋を離れるのは寂しくもありますが、子供の成長と新しい部屋での生活は楽しみでもあります。それまで、今住んでいる部屋での生活を楽しもうと思います。

Copyright (C)2019賃貸で失敗しない為に.All rights reserved.